当院の治療の特色


当院の鍼灸治療について

当院の鍼灸治療は、独自の太極療法です。

治療方針を立てる上で、経絡治療や中医学的弁証論治を取り入れますが、当院で行っている治療法をあえて区分けすれば太極(たいきょく)療法という、体質や病状を細かなパターに分けてツボを組み合わせる治療法です。

 

当院創始者・三瓶悌一は常時雇用していた数名の温泉マッサージ師と多数の湯治客を施術し、長年指圧マッサージすることにより体表のコリや陥凹、隆起や変形などから日本人の体質や様々な病状の特性を把握していったといいます。

 

病状の把握や治療方針の決定には脈診や舌診も積極的に用いますが、経絡治療や中医学的弁証論治ではありません。

 

当院での病状の診察と把握、説明について

当院では患者様の病状や治療方針の説明にはなるべく平易な説明を心掛け、難解な東洋医学的な言葉は使わず、西洋医学・現代医学的な説明を行うようにしています。

また診察では問診を非常に大切にし、必要があれば近郊の開業医や総合病院、あるいは遠くても大学へ紹介し連携もします。

問診などでは、福島県立医科大学・会津医療センターで総合内科学講座の総合診療を年に毎年一回福島県鍼灸師会の定期講習会で欠かさず学び、知識のアップデートをしています。

 

当院での不妊治療について

当院の鍼灸による不妊治療は、先代の三瓶悌一のころから行っていました。

『不妊治療・不妊症』という言葉があまり一般的ではなかった当時は『子宝はり』と言って行っていたようです。

現在は国内の有志鍼灸院が集まって『不妊鍼灸ネットワーク』を作り、中まで様々な勉強会を行い、のちに『一般社団法人JISRAM(日本生殖鍼灸標準化機関) 』となった会でも院長・三瓶真一は副会長を長年務め現在は監事(監査役)を行っています。

当院ではJISRAで得たエビデンスのある不妊治療を鍼灸で提供します。